何にも特化していない雑記ブログが収益を得ることが出来るか検証中...

WordPress -ブログの記述方法- 記事のメインタイトルを記入します

投稿する記事の簡単な説明をこの部分に記述します。
内容としては記事の要約などを記述するのが望ましいです。

WordPress 記事のh2見出しを記述します。見出しとは?

見出しとは、記事内の各コンテンツの題名となります。

WordPressでは最上段が「h1」見出し固定となっていて、以降「h2」「h3」「h4」「h5」「h6」の見出しを設置できます。

見出し以外の部分は「段落」で記述します。

見出しh3、見出しの付け方は?

見出しの付け方のコツは、見出し「h3」以降は、「h2」見出しの文章内に「h3」の見出し、「h3」見出しの文章内に「h4」の見出しといった構造化が望ましい付け方です

連続して同レベルの見出しをつけるのは問題ない

「h2」の次に「h3」、その次に再度「h3」などの見出しの付け方は問題ありません。

見出しh4はh3の下に配置

見出しは数値の順に配置するのが望ましいとされています。
その為、見出しh4は、見出しh3の次に配置します。

見出しh5はh4の下に配置

見出しは数値の順に配置するのが望ましいとされています。
その為、見出しh5は、見出しh4の次に配置します。

見出しh6はh5の下に配置

見出しは数値の順に配置するのが望ましいとされています。
その為、見出しh6は、見出しh5の次に配置します。

記事に画像を挿入して見やすくする

記事に画像を挿入することで、テキストのみの見出しよりも見やすい記事が出来上がります。

WordPressとは
ブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェアです。

ギャラリー機能

また、WordPressの画像を挿入する機能としてギャラリーの機能があります。

ギャラリーは複数の画像をまとめて表示できる機能です。

WordPressでリスト表示を利用する

WordPressには、情報を箇条書きで表示するリストの機能があります。

リストは2種類存在し、テキストの頭に「・」が付くパターンと、「1,2,3」と連番表示する表示方法があります。

通常リスト「・」のパターン

  • 見出し機能
  • 段落機能
  • 画像挿入機能

連番リストのパターン

  1. 連番表示機能
  2. 連番はHTMLでは「ol」で記述
  3. 「・」表示機能
  4. 通常は「ul」で記述

他サイトからのコピペは引用を使用する

WordPress公式サイトからの引用。

WordPress は無料であると同時に、はじめての方でも、開発者の方でも、誰でも高機能なサイトやブログ、アプリを作ることができる価値のあるものです。

https://ja.wordpress.org

テキストや画像へのリンク機能

WordPressでは記事内のテキストや画像にリンクを設置することができます。

テキストへのリンク

WordPressのダウンロードは公式サイトからも可能です。

画像へのリンク

下記画像にはリンクを設置しています。リンク先は「https://ja.wordpress.org」です。

その他の機能

WordPressにはここまでに紹介してきた機能以外にもさまざまな機能があります。

テーブル(表組み)機能

その1その2その3
その1のセル1その2のセル1その3のセル1
その1のセル2その2のセル2その3のセル2
その1のセル3その2のセル3その3のセル3

メディアと文章機能

メディアと文章では、画像とテキストを並べてレイアウトし表示することができます。

レイアウトの種類もいくつかあるので気に入ったものを選択してください。

HTMLを直接記述できるカスタムHTML

カスタムHTMLでは、直接HTMLを記述しマークアップすることができます。

このようにさまざまな機能を利用して記事を作成

テキストの記述だけでもさまざまな記述方法がありますが、文章構造を意識して「見出し」「段落」「箇条書き(リスト)」「引用」などを利用し、より分かりやすくするため画像の挿入を行います。

また、ユーザーの利便性向上のため各所にリンクを設置すれば記事の完成となります。

何にも特化しないブログとして2021/2に開設しました。
簡単に言えば雑記ブログとなります。

気になったニュースや、アイテム、サービスなど色々なものをごちゃ混ぜでお届けするブログです。