何にも特化していない雑記ブログが収益を得ることが出来るか検証中...

M1 MacBook でSSDを短命にする異常な書き込みが発生するバグが報告

intelから驚異的な進化を遂げたM1チップ搭載のMacBookシリーズですが、SSDの寿命に影響を与えるほどの異常な書き込みが発生していると報告されています。

M1チップ搭載 MacBookとは?

Appleが独自に開発したプロセッサを搭載するMacのことをM1チップ(Apple Silicon)搭載Macと呼びます。

前世代(intel Mac)と比較すると驚異的な進化を遂げた上に、価格がかなり抑えられています。

MacBook Pro 13インチ、MacBook Air 13インチ、Mac mini

現状は、MacBook Pro 13インチとMacBook Air 13インチ、Mac miniのみが販売されており、2021には新たにiMacやMacProにも搭載予定との噂があります。

半年でTBW(Tera Byte Written)に達する可能性も

SSDにはTBW(Tera Byte Written)が決まっていますが、M1チップ搭載のMacBookで発生している異常な書き込みが行われた場合、最悪半年でTBW(Tera Byte Written)に達するとの報告も上がっています。

TBW(Tera Bytes Written)とは?

耐久性能(製品寿命)を書き換え可能容量として算出したもので、製品寿命満了までに何テラバイトのデータが保存できるかを示しています。

異常書き込みの原因は?

この異常な書き込みが「バグ」が原因ではないかと考えられており、OSのアップデートで対応可能かもしれないとのことです。

ハードの問題の場合は、「リペアエクステンショプログラム」の対象になるかもしれません。

何にも特化しないブログとして2021/2に開設しました。
簡単に言えば雑記ブログとなります。

気になったニュースや、アイテム、サービスなど色々なものをごちゃ混ぜでお届けするブログです。