何にも特化していない雑記ブログが収益を得ることが出来るか検証中...

収益化のためAdSenseに登録してみた。記事数5で審査は通るのか?

「 何にも特化しないブログで収益が上がるのか?」をブログのメインタイトルにして開始してこの記事で5記事目となります。

特に内容のある記事はないのですが,切りの良い数字(5記事目)でもあるのでGoogle AdSense に登録して審査をしてもらおうと思います。

Google AdSenseにブログのURLを登録

Google AdSenseはすでに他のブログで利用しているので今回は新規でブログ(Webサイト)を追加する部分からの解説となります。

Google AdSenseのホーム画面を表示し、左上部のメニューをクリックします。

次に、メニュー内の「サイト」→「サマリー」をクリックします。

登録されているサイト一覧が表示されます。

一覧右上部の「サイトを追加」をクリックしてサイト追加を行います。

登録したいブログ(Webサイト)のURLを入力します。

URを入力したら「保存して次へ」をクリックします。

登録したサイトに貼り付ける「AdSenseコード」が発行されるのでコピーして、ブログ(Webサイト)の<head>〜</head>内にコードを貼り付けます。

※コードは広告を表示したい全てのページへ貼り付ける必要があります。

ページ下部の「審査のリクエスト」をクリックすれば完了です。

完了ページにも記載されていますが、審査には最長で2週間程度かかる場合があるとのことです。

審査開始までに登録したブログ(Webサイト)に広告が表示できる状態を構築しておく必要があります。

サイトに広告を表示できるようにしましょう

しばらくお待ちください。通常、審査は数日で終了しますが、2 週間ほどかかる場合もあります。サイトの審査が終了しましたらお知らせいたします。

審査の遅れの原因となるため、サイトを削除して再送信しないようにしてください。

お待ちの間に、広告を表示するすべてのページにこのコードを挿入してください。Google によるサイトのチェックが完了すると、サイトに広告を表示できるようになります。[広告] で、表示する広告のフォーマットを選択してください。

ブログ(Webサイト)にAdSenseコードを貼り付ける

今回はWordPressで、有料テーマ「THE THOR(ザ・トール)」を利用しているため比較的簡単にAdSenseコードの貼り付けが行えます。

テーマのカスタマイズから「基本設定[THE]」→「高度な設定」→「■</head>直上の自由入力エリア」にAdSenseコードをペーストし「公開」をクリックし内容を保存します。

これで全ページにAdSenseコードが反映されます。

ブログ(Webサイト)に広告を掲載する準備

審査リクエストの完了、AdSenseコードの貼り付けが完了したら、広告を掲載できる準備を行います。

広告の掲載準備には手軽の広告を掲載できる「自動広告」を利用しようと思います。

Google AdSense 自動広告を有効にする方法

サイドメニュー内の「広告」→「サマリー」をクリックします。

登録したサイト右端の「鉛筆」アイコンをクリックします。
登録時点では「自動広告」はオフの状態になっています。

自動広告のスイッチをクリックしオンに変更します。

ついでに、広告のフォーマットである「関連コンテンツ」も有効にしておきます。関連コンテンツはある程度記事が溜まりそれなりのPVが発生するまで利用できませんが、有効の設定にしておきます。

また、ページ左側には広告掲載のイメージが表示されているので確認して見てください。

設定が完了したら「サイトに適用」をクリックします。

「今すぐ適用」が選択されているのでこのまま「保存」をクリックして内容を保存します。

サマリーにページで「自動広告」がオンに変更されています。

これで広告掲載の準備が完了しました。この状態で審査に通過すると自動広告が徐々に表示されます。

審査通過の基準は?

Google AdSenseの審査通過の基準ははっきりとはしていませんが、オリジナリティーのコンテンツ、有益なコンテンツ、ある程度のコンテンツ数が必要です。

今回は、「何にも特化しないブログ」で記事数が5件での審査リクエストですが結果はまた報告します。

何にも特化しないブログとして2021/2に開設しました。
簡単に言えば雑記ブログとなります。

気になったニュースや、アイテム、サービスなど色々なものをごちゃ混ぜでお届けするブログです。